落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:未分類( 169 )

機が熟す

f0049446_16204239.jpg


SNS休みます。
アカウントは生かしっぱです。
Facebookメッセージ、メッセンジャー、TwitterDM生きてます。
もちろん個人メールも。
ご連絡はそちらあたりへどうぞ。

寄席にも入ってますんで。
担当情報は落語協会HPをご覧いただければと。
超急用の方は担当寄席の前で狼煙上げて法螺貝吹いてください。

演芸企画屋『海牛亀』アカウントは細々稼働させます。
『ぺぺ桜井82歳の勉強会 ぺぺはだか小せんなのだ』
6月18日19時開演 至内幸町ホール
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

たまに覗きに来ますんで。
『いいね』とか『お気に入り』とかはしませんが。
あと、後楽園と新木場には月1〜2回
出没します。
主に大日本、ゼロワン、ノア、全日本、加えて今年は新日本も。
ハードヒットも行きたいす。

集中してインプットしたいことがありまして。
その機が熟したかな、と。
ちゃちゃっとやっつけて、さっさと戻って来ます。
5、6年くらいかな、多分。

そんじゃしばらく、
サヨウナラ。


f0049446_16211651.jpg








♪♪♪

[PR]
by erioneesan | 2018-03-01 00:03 | Trackback

ひとり働き方改革

おはようございます。
今朝は山口県は祝島から投稿しております。

二月下席及び三月上席、寄席は休席させていただいております。
二月下旬は祝島でひじき作業のお手伝い
三月上旬は旅の仕事と終日仕事が多く。

三月中席は池袋昼席(漫画喫茶通ってブラックジャック読むぜ!)
三月下席は浅草夜席(バッティングセンター通って試合に備えるぜ!)
それぞれ担当させていただきます。
お暇なら来てよね♪

ちなみに
新宿末廣亭担当時はベルク
上野鈴本演芸場担当時はラパンもしくはデリー
国立演芸場担当時は可否道
通い率高しです。

歳を重ねて来ると
行動パターンってのは
だいたい決まってきますな。

1月働く
2月働く+祝島ひじき作業
3月働く
4月働く+京都大阪お勉強
5月働く+台湾野球観戦
6月働く
7月働く+両親と旅行
8月働く+石巻川開き
9月働く
10月働く
11月働く
12月働く

コレにプロレス観戦が月1〜3日あって
隙あらば潜水か麻雀か野球観戦くらい。
変わり映えしません。
『石巻川開き』は参加者カムカム。
ご連絡お待ちしておりますよー♪

しかし。
フランス人(?)ように
ひと月ふた月働かない月があってもいいかなと。
『ひとり働き方改革』でもしてみようかしら。

f0049446_09572973.jpg
※写真は2015年の石巻川開き翌日の様子です。

















[PR]
by erioneesan | 2018-02-25 09:58 | Trackback
モンティパイソン力+植草甚一力+経堂力=須田泰成。
こんな偉業は須田さん以外できないでしょう。

書き下ろしお疲れ様でした。
いちいち文字が霞んで読みづらかったす(老眼の意に非ず)。

石巻復興奮闘記
『蘇るサバ缶』
ぜひご一読ください。

f0049446_22101985.jpg
















[PR]
by erioneesan | 2018-02-23 22:11 | Trackback

羽田旅行

こんばんは。
山口県は岩国から投稿しております。
明日の朝、祝島に入リます。
の、はずでしたが。
渋谷行きのバスの中から投稿しております。


今日は昼間、三味線のお稽古があり。
大きな荷物をゴロゴロよいしょよいしょしながら
経堂は『さばのゆ』まで向かいまして。
発表会があと2ヶ月に迫っており。
皆さんアワアワしておりました。
大丈夫です。
今のうちにアワアワしていれば
本番余裕のよっちゃんイカです(ひとごと。ヒャヒャッ)。
ないとは思いますが
皆さんガツガツ稽古しすぎないようにね。
モチベーション下がりますんで。
照準は本番前の最終稽古に合わせてください。
あ。4月22日14時より、経堂すずらん会館にて開催です。
よろしかったらどうぞです。

f0049446_20251660.jpg

稽古場には出来立ての本が山積みになっており。
本棚にもたくさん。
そうだ、そうでした。
震災以来何かとお世話になり続けている
経堂さばのゆ店主、須田泰成さんの新刊
『蘇るサバ缶』が
出来立てホヤホヤでございました。
おおお、これは早速購入です。
岩国行きの飛行機の中で読もう。

f0049446_20264843.jpg


経堂の稽古場からゴロゴロよいしょよいしょと
新宿ベルクに移動しまして。
「この本知ってる?」
「知らないっす」
「これさ、男が読んでも役に立つのかな」
「立つんじゃないっすかね」
「弟子に頼もうかな」
「中古で1円、って出てますよ。買いますか?」
「ほんとかよ。いい?」
「シリーズ5冊出てますよ」
「ほんとかよ。じゃあ5冊」
「全部で……3700円です。コミック版が高いっすね」
「あ、そうなの、じゃあ4冊でいいや」
「4冊で……2700円です」
「おう、じゃあよろしく。誰にも言うなよ、恥ずかしいからよ」
「言いませんよ」
某師匠に頼まれた本が全冊届いたので
お弟子さんに受け渡しまして。

f0049446_20282219.jpg

よし、任務完了。
羽田に向かおう、と新宿からバスに乗り。
出発口で認証コードを入れたら
【認証できませんでした】の表示が。
ん?そんなはずはない。ちゃんと買った。
係のお姉さんに見てもらうと
「お客様、こちら明日のチケットです」
初やらかしました。
当日のチケットは倍以上。ムリ。
せっかくなんで帰りは別ルートで帰ろう。

さてと。何しよかな。
『隠し砦の三悪人』でも観るかな。


f0049446_20302002.jpg










_| ̄|○




[PR]
by erioneesan | 2018-02-22 20:31 | Trackback

次の本

あれから6年経つのか。

ツイッターで自分の名前を検索すると
「本を読んだ」という書き込みをたまに見つけることがあります。
ありがとうございます。どんな感想であれ、嬉しゅうございます。

『お囃子えりちゃん寄席ばなし』
イーストプレスという出版社から2012年2月に発行されました。

きっかけは、新作落語『孫帰る』の作者、山崎雛子さん。
雛子さんが企画した寒空はだかさんの会にゲストで呼んでいただき。
刷り上がったチラシを見ると
「はたして三味線を持つのか持たないのか?」的なことが書いてあり。
おう、持たねえでやってやろうじゃねえか!と。
まんまと術中にはまりました。

最初に篠笛でエバンゲリオンのテーマを吹き
あとはずっとブラジル武者修行の珍道中っぷりを話しました。
自分で言うのもなんですが、大爆笑の渦でした。

雛子さんはなぜそう仕向けたのか。
実は、彼女ははなから自分に本を出させようと
出版社の要人をその会に呼んでいたのです。
とんでもないやり手です。

後日、雛子さんから
「本を出しませんか?ひいては出版社の方に会っていただきたく」
根っこが劣等感の塊ですから
「だ、誰が読むんですか……私はいくら被ったらいいんですか……」
心配は徒労に終わりまして
敏腕編集者の小林さんと打ち合わせ
コミックエッセイというスタイルで作ることになり。
「どっちの絵がいいですか?」「こっちがいいです」
絵は旭川在住の新子友子先生にお願いすることになりました。

2010年の年末だか2011年の年始だかに
上野の中華料理店の円卓を制作メンバーと囲みました。
初めて乗る船が動き出すんだ、と、とてもワクワクしたのを覚えています。
しかし、動き出してからが大変でした。
書き下ろしという作業があんなに大変なものだとは思ってもみなかった。
昼席行って夜ホール落語の仕事行って打ち上げ行って帰ってきて原稿書く。
稽古行って夜席行って帰ってきて届いた校正をチェックして戻す。
大変すぎてあんまり思い出せません。
なんであんなに体力あったんだろう。。。

一番の佳境の晩、2011年12月5日。
なぜか打ち上げ会場から冷やかし電話が入って来ました。
普段そんな電話全くないのに、その晩に限って、しかも二件。
両方とも見事に打ち上がってピャーピャーしてて。
そういう時の電話というのは、何人も代わる代わる喋りたがる。
もともと電話は苦手です。長電話は大の苦手です。
しかも孤独な作業のピークでしたから、打ち上げが本当に羨ましかった。
チキショー。。。書き下ろしなんか二度と出さねえ。。。
と腹を立てながら最終稿を入れたのでした。

年が明けて2012年2月。
我が家に届きました。出来立てホヤホヤ。
おお。愛おしい。ホントに出来た。なんて愛おしい。

経堂さばのゆでのイベントを皮切りに
いろんな落語会やお店で売っていただきました。
ご協力いただいた皆様、その節はありがとうございました。
ある会で柳家権太楼師匠が
「中入りで買って中入り中に読み終わる本」と紹介してくださいました。
へへ。一年かかった本ですけどね。
へへ。なんかとても嬉しかったです。へへへ。

内容を簡単に解説しますと
ごくごく軽い寄席囃子入門と、自分のことと、対談です。
自分のことを知らない人が読むと非常に物足りない内容だと正直思います。
ですので、ツイッターに「なにこれ。即効ブックオフ」と書かれても
「アンタが買い物ヘタなだけだろ」とリツイートしながら
そりゃそうだよな、と内心思っておりました。
そういう買い物ベタな人のおかげもあってか
2500部くらいまでいったのかな、確か。
皆様お買い上げありがとうございます。

寄席囃子の深い話は書けても20〜30年後かと。
そもそも学究肌じゃないので
寄席囃子分析本的なものは他の方にぜひお願いしたいです。
自分がもしまた書くとしたら、楽屋での逸話集だな。
面白い人だらけなのはもちろんですが
ヘンテコだったりキチガイだったりキチガイだったりだったり。
そして情に厚い人ばかりです。
心底嫌なことは書きません。時間の無駄なんで。

母方の祖母は享年92でした。
階段から落ちて脳挫傷、一年の闘病ののちでした。
平屋だったら三桁はいけただろうという骨太な人だった。
その血を継いでいるので、自分も平屋なら三桁はいけんだろうと。
海の見える部屋で
楽屋を共にした方々が草葉の陰で一斉に痒くなるくらい
めちゃめちゃ褒めちぎった文章を山のように書きたいです。

f0049446_21520639.jpg





























[PR]
by erioneesan | 2018-02-21 21:53 | Trackback

教壇ジャック

第二外国語は中国語を取っておりました。
担当教授は『三輪ちゃん』。

『乾杯』の意味がわかるか。
カンペイ、と言ったら
一気に呑んで杯を空けるんだ。
残しちゃいけない。
これが『乾杯』の本当の意味だ。

授業中ほとんど寝てたんですが
このことは事あるごとにおっしゃっており。
そうなのか、と感心したものでした。

三輪ちゃんの授業でもうひとつ覚えているのが
『教壇ジャック』(勝手に命名)。

いつものように机に突っ伏して寝ていると
いつしか三輪ちゃんの声が消え
同時にガラガラッと教室のドアが開き
座布団を持った浴衣の男子が入って来て
持っていた座布団を教壇の上に置き
その上に本人が座り
「えー!一席申し上げます!」

なんだこりゃ。
三輪ちゃんは隅っこの椅子に座ってニヤニヤしてる。
なんか喋って頭下げて帰っていく男子を尻目に
「落語、ね。顧問だから。はい、授業に戻ります」

三輪ちゃんは落研の顧問だったのです。

楽屋入りしてしばらくしてから
大学同期ということが判明した朝之助さんにそのことを話すと
「多分それオレだww」
な!なななんと!!!!!

人生初の生落語はどうやら朝之助さんだったらしく。
いやはや世間というものは、なんとも狭いものでございます。

朝之助さんというのは
現・春風亭柳朝師匠でございまして。
本日21日から鈴本演芸場昼席主任でございます。
こちらの画像提示で割引になるそうでございます。
(勝手に画像拝借しております!すみません!)

出囃子は「てんつつ」でございます。
ぜひぜひー♪

f0049446_00544092.jpg
f0049446_00545955.jpg


※今年放映50周年!『怪奇大作戦』に出演されてた
小橋玲子さんに似てると思うのは私だけでしょうか。。。

f0049446_00563204.jpg













[PR]
by erioneesan | 2018-02-21 00:57 | Trackback

車の免許

こんばんは。
浅草夜席担当帰りの
銀座線の中から投稿しております。

祝島へ行く間用に
wifiルーターを借りてみまして。
動画を1時間視る×二日間=三日目は視れない
というのがあらかじめわかってよかったです。
っつか、借りる前に把握しとけや。
ともあれ便利です、はい。

ところで。
週末、実家の近くで仕事があり。
正月にインフルで帰れなかったので
旧正月だしちょうどいいや、と帰りまして。

初詣もまだしていないので連れてってくれと頼むと
「車ないのよ、もう」

今年大台の母は少し前に乗るのをやめており。
去年大台の父は先日の更新時
「飛蚊症を治さないことには…」と言われたのを機に。
「お前が免許取ってくれるのを期待してたんだがな」
船は取ったよ、とは
とてもじゃありませんが言えませんでした。

向いてないんですよ、車。
乗るとすぐ眠くなるし。
乗るとすぐ吐くから吐く前に寝なさい、という躾に基づくんですが。
小学生のとき友だち目の前で轢かれてるし。
一週間後に退院したからよかったけど。
世の中のために取ってくれるな、と、某師匠にもキツく言われましたし。
自分でもそう思いますし、はい。

はい、言い訳終了。
すみません、役立たずで。

安心しました。
毎日のように高齢者の交通事故の記事を見ます。
個人差はある程度あるのはわかるんですけど。

仲良くケンカしながら
三桁まで元気でいてくださいよ。
しかし。
ホントよくケンカするよなあ、飽きもせず。。。

あ。初詣どうしよ。

f0049446_20595516.png










[PR]
by erioneesan | 2018-02-19 21:01 | Trackback

落語教育委員会 in 鈴本

本日の鈴本演芸場夜席余一会は
『落語教育委員会』でございます。

えりちゃんよ。
寄席に呼んでもらえるってことは
本当に嬉しいことなんだ。
芸人冥利に尽きるんだよ。
わかるか、えりちゃん。

この企画が鈴本さんで始まることが決まった時
普段シラフで真面目な話をして来ない喜多八師匠が
楽屋でこう語りかけて来ました。
本当に嬉しかったんだと思います。

師匠方と鈴本さんとの間で決めていた回数をクリアする前に
喜多八師匠はこの世を去ってしまいましたが
「師匠との約束だから」とゲストを入れて続けてきました。
そして本日が最終回でございます。

喜多八師匠を愛して止まなかった方々は
今も師匠のいない寂しさをどう埋めていいのか
あれから時間が止まってしまっている方も少なくないことでしょう。

今日はそんな方々にぜひ足を運んでいただきたいと思います。
鈴本演芸場HPに『売り切れ』と書いてないので
まだチケットがあるのではないかと思われます。
ぜひお問い合わせくださいませ。
※席は完売、立見は販売するそうです。


f0049446_12143564.jpg






♪♪♪





[PR]
by erioneesan | 2018-01-31 12:16 | Trackback

パスポート

こんばんは。

今日は寄席を先輩にお任せして
終日大きなホールにおりました。
昼夜公演の間に2時間ほど休み時間があったので
更新申請しておいたパスポートを取りに
ホールから線路挟んですぐのパスポートセンターに行ったところ
真っ暗でした。
土曜日は休みなのだそうで。
知らなかった。。。今度いつ来よう。。。

家に帰って来て
そういえば昔のパスポートってどんなだったかな、と。
最初に作ったパスポートは12歳の時のもので
確か母親と一緒に写っていた気がします。
その後作ったのが確か20歳の時。
5年用だったかな。

で、その後作ったのがコレ。

f0049446_22144023.jpg

1997年。
体育会系の中学生っぽいです。ははは。
中を見てみるとどうやら
返還直前の香港に次姉と行くためだったようで。
最後に行ったのはどうやら
2007年、仕事親友とその彼氏との台湾珍道中だったようで。
その間にモンゴルやらなんやらかんやら。

f0049446_22145759.jpg
f0049446_22142803.jpg


某前座さんに
「えりさん、海外旅行レクチャーしてくださいよ」
と言われたんですが。
実はさほど行ってないんですよ。
主要国も主要都市も行ってないし。
同じとこばっか行ってるし。

で、実はもう台湾だけで十分なんだよな。
まあ、あえて行くならまたモンゴルかな。
ナーダム見たいな。
馬トレッキングもしたいな。
100キロはもう無理かな。
ヤギと羊とタルバガンの蒸し焼き食べたいな。
アルヒを3杯飲んで寝て
トイレで起きて朝焼けを拝みたいな。

よし、決めた。
10年以内に行こう。
モンゴルだったらレクチャーするよ。
脚力鍛えといてくれ。











[PR]
by erioneesan | 2018-01-27 22:15 | Trackback

周老師

台湾中国語を習い始めて4年。
細々とですが続けられているのは周老師のおかげです。
謝謝老師。

f0049446_00520761.jpg

周老師は非常にパワフルでユーモアたっぷりの台南人です。
そのパワーに圧倒されながら
そのユーモアに助けられながら
いつもやる気を引っ張ってもらっています。
謝謝老師。

それと、周老師は果物をくれます。
「恵恵!タイミングいいね!」
たまたまらしいのですが。
謝謝老師。

今日は『高級アールス』というシールが貼られた
立派なマスクメロンをいただきました。
「恵恵!タイミングいいね!」
謝謝老師。

f0049446_00451141.jpg

こないだはビールを2回続けていただきました。
「恵恵にはコレが必要です!」
老師は私のことをよく理解してくれています。
謝謝老師。
我へんしーふぁん老師。

f0049446_00531242.jpg


こちらの事情で2月いっぱいでしばらくお休みさせていただきますが
必ずやまた老師にご教授いただきたいと思っております。

台湾好きな皆さんも
よろしかったらぜひ周老師の教室へどうぞ♪

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

カフェ台湾中国語教室
シュ・イーリン
chouyilingf@icloud.com
恵比寿駅徒歩5分












[PR]
by erioneesan | 2017-12-26 00:50 | Trackback