落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
盛り上がってますね。WBC。
ルールがよくわかってないので、
6勝もした韓国が気の毒で手放しで喜べないんですけど。

それにしてもこのご時世、なんといってもスポーツが一番ですな。
ドラマあり、スリルあり、感動あり。
大衆の心をつかんで放しません。

てなわけで、スポーツが盛り上がると、
紙切りに反映されるわけです。
紙切りの師匠は日々ご苦労が絶えないと思われ・・・。

私らお囃子は
紙切りの師匠がお客さんのリクエストに応えて切っている時に
一緒に弾いているわけでして。
少し余裕があるときは
「やっぱりすごいよなあ!瞬時に形考えて切っちゃんだもんなあ!国宝級だよなあ!!!」
とか思ったりして弾いていたりするのですが、
たいていは全く余裕がなく。

相撲とか野球とかだと、
「相撲甚句」とか「コンバットマーチ」とか
お囃子にとっては馴染んだ曲なので楽なんですけど。

今冬、整骨院を繁盛させた「イナバウアー」なんかだったりするとですね。
「スケーターズワルツ」とか弾いてみたくなったりするわけです。
(※「トゥーランドット(誰も寝てはならぬ)」は、練習してみたのですが
音と音の間隔が広く、聞いている人にわかってもらえそうにないので弾いてません)
「スケーターズワルツ」は間合いもよく、音階も難しくないのですが、
本番で初めて弾くものはどんな曲でも緊張するのです。
師匠の手元を見て感心している余裕はないのです。トホホ。

そして、今日はきっと「WBC」だな、と。
「イチロー」だったら「私を球場へ連れてって」とか弾いちゃえばいんですが。
早いとこ定着してくれて、テーマ曲なんかできてくれるといんですが。
もしかしてもうあるのかな。知らないだけか。
勝ったら「君が代」とか流れるのかな。

あ。球審デービッドソンから違う人になってたんだ。よかったよかった。
[PR]
# by erioneesan | 2006-03-21 14:36 | 紙切り | Trackback