落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

奴さんとCCB

先日、友人に「CCB メモリアル DVD BOX」なるものをもらいまして。

私自身はCCBに対する思い入れは全くなく。
共通項といえば、ギターの米川英之さんが高校の先輩にあたるというくらいで。
なんでくれたのかなあ、でも一度は見ないと失礼だよなあと。
4枚組を一晩かけて見てみました。

すると、途中で、何だかお正月の設定になりまして。
5人でコタツに入って歓談してるんです。今年はどういう年にしたいとか何とか。
で、テレビでもつけてかくし芸でもみようか、ってことになってつけると。
かかるんですな、「奴さん」が。
ほんのちょっとなんですけどね。前奏がほんのちょこっと。
で、その後、純邦楽チックにアレンジされた「ロマンチックが止まらない」を、
三味線、琴、太鼓やなんか純邦楽楽器を用いて彼らが演奏する(フリをしている)、
という展開なのです。

もうね、20年前の映像なんですよ。
しかも「奴さん」ほんのちょこっとしか使われてない。
でも嬉しいんですね。何なんでしょうね、こういうのって。
今で言うJ-POPというやつですか。
ああいうものに純邦楽が使われる、
しかも寄席でなじみの曲が使用されるというのは滅多にないですから。
しかし、どうしてこうも嬉しいものなのでしょうね。不思議だなあ。

ついでなんで、歌詞を載っけておきますね。

♪エーエエ 奴さん どちら行く ハア コリャコリャ
 ダンナお迎えに さっても 寒いのに 共揃い
 雪の降る夜も 風の夜も アサテ お供はツライネ
 いつも奴さんは 高ばしょり アリャセ コリャサ それもそうかいナァ ♪ 

その昔、お侍さんのパシリみたいなのが奴さんと呼ばれる身分の人だったらしいんですよ。
今で言う平社員みたいなもんなんですかね。
わがままな上司に振り回されて大変、みたいな。
もっと大変だったろうけど。
よく寄席で踊られる曲なんですよ。年中かかります。
そんなに難しい踊りじゃないんで、今から頑張れば忘年会に使えると思いますよー。

で、なんで奴さんの話してるんだっけ・・・
[PR]
# by erioneesan | 2006-05-18 02:11 | 踊り | Trackback