落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

8月18日
前夜も大変夜深く。。。
今日は夕食担当のみだから15時までダラダラ過ごせる。
と、思いながら眠りに就いたんですが
早起きが癖になったのか、5時には目がバッチリ。

6時過ぎから神楽の朝礼があると伺っていたので
仮神殿に行ってみると
神職の皆さん、里楽師の皆さん
そして奉賛会幹部の方々とおぼしき島の方々が
正装を身にまとい神妙な面持ちで頭を垂れており。
「みんな何時に起きてんのかな…」
長の方のご挨拶が終わると、皆さん公民館の方へ歩いていかれました。
「みんな何時に寝てんのかな…」
「体力がないと出来ないお務めだな…」
様子を眺めながらいろいろ思います。

宿に戻って朝ごはん。
「昼便までどう過ごすんですか?」
「神楽観ようかと。岩戸開きは13時からだから観れないけど。
14時過ぎの臨時便があるといいんだけどなぁ。今日はなさそうって」
「そっか…それは残念ですね…」
ポレポレ小原さんは今回が祝島初上陸。
「神楽を観たかったから来たような感じなんで」
なるほど。ギリギリまで見ないと。

神楽が始まるのは8:30くらい。
「そろそろですかね。音が聴こえたら行きますか」
仮神殿に行くと人はまだまばら。
前の方で観ようとキョロキョロしていると
前夜知り合った里楽師の方のご家族が最前列に。
きっとあそこがベストポジションなんだ。
すぐ後ろを陣取ります。

f0049446_218394.jpg


ふと舞台を見ると、酒瓶と酒桶と山になった盃。
「ご自由にお飲みください、って書いてある」
「飲もう飲もう」コソコソ近寄り。
あ、これか。氏本さんのお酒って。
出来立ての若い味がするな。
半年くらい経つとどんな味になるのかな。

鳴り物の方を見ると
前日の昼も笛を吹いていた少年が座っており。
頑張れ少年。

f0049446_2193683.jpg


神楽が終わるたび頭にはハテナがたくさん。
隣には小原さん。
「あれは…」
「あれは多分、こうこうこうで…」
「ほう…なるほど…」
今ではどんなハテナにどんな解答だったか
全く覚えておりませんが。

「午前の部はこれで終了です。
午後の部は13時より岩戸開きを行います」
アナウンスを聞きつつ
仮神殿隣りの倉庫へぞろぞろ。
カレーやらパンやら氷やら
写真集やら木彫り食器やら何やらのお店が
めいめいに広がっており。
目移りしながら結局匂いに勝てず
カレーをチョイス。美味しい。

倉庫隣りのテント下でカレーを食べてたら
いつの間にか小原さんも中植さんも
姿を消しており。
周りの人に聞くと
「もう船着場に向かったんじゃない?」
急いで船着場に向かおうとしたら
荷物をゴロゴロしているポレポレコンビを発見。
「臨時便出ないんで昼便で帰りまーす!」
「ああ!残念ですね!また東京でー!」
「はいー!また東京でー!」

見送ると泣いてしまうのがわかっていたので
きびすを返して仮神殿の方へ戻ろうとしたんですが。
三日寝食を共にしただけで
どうしてこんなに気持ちが移るんでしょう。
今一度きびすを返して、急いで堤防へ向かいます。

ちょうど船が港を出て沖に出るところでした。
小さくても誰がポレポレコンビかは
『鬼の棒』が目印で、すぐにわかりました。
次の炊き事からは中植さんはいないんだ。
次の岩戸開きからは小原さんはいないんだ。
手を振れば振るほど淋しくなってきて
いつしか船も鬼の棒も霞んでいました。

(つづく)









[PR]
by erioneesan | 2016-09-24 02:20 | Trackback

親愛なるハカセへ!!!

ハカセ!!!お久しぶりです!!!
その後いかがお過ごしでしょうか!!!

ところで早速ハカセ!!!
今日、先生に付き合っていただいて
自分の楽器を買いに行ったんですけど!!!

f0049446_20424199.jpg


これいくらだと思いますか!!!
これ!!!!!!
なんとなんとなんと!!!
なんと5000円でした!!!
マウスピースもクリームもクロスもつけてくれて!!!

60000円は下らないだろうと覚悟して行ったんですけど。
もう、なんか、拍子抜けっていうか。
新大久保行ったら水曜定休のとこばっかで。
御茶ノ水に移動して下倉楽器入ったら『ジャンク品5000円』って。

よく聞いたら、映画の撮影に使ったものだそうで。
「青空エール、っていう映画です」
ワンユーズだから癖もついてなさそうだし。

しばし先生と放心状態でした。
いやあ、いい買い物をしました。

f0049446_2043148.jpg


先生が調べてくださったところ
「サウンドハウス」という会社の製品だそうで。
中国製なんだそうです。
音抜けはなかなかいいそうで(よくわかってませんが)。

そのうち、ハカセに音色を聴いていただけたら
そんなことを思いつつ。

5000円ですよ!!!5000円!!!
いやあ、いい買い物をしました。。。。。

これで、ロングトーン、リップスラー、タンギングの稽古にも
力が入るってもんです!!!張り切ります!!!

ではまた!















♪♪♪
[PR]
by erioneesan | 2016-09-21 20:43 | Trackback

台南サバヒー

夜分にどうも。
台南を勝手に応援し隊・経堂本部長の恩田です。
先ほど台南より東京へ戻って参りました。

天候に恵まれない弾丸視察でしたが
同行の蒲田支部長・三遊亭司師匠がグルメなおかげで
色々な食べ物にありつくことができました。
師匠、ありがとうございます!

また、思わぬ目玉は
『虱目魚主題館』(サバヒー博物館)でございまして。

f0049446_23315815.jpg

f0049446_23322118.jpg


不思議な響きでしょ、サバヒー。

f0049446_2333129.jpg


名前の由来がいろいろあるらしく。
フムフムと展示文を読んでいると、ななななんとなんと!!!
そのうちのひとつが日本語の『さば』にある!!!とな!!!

f0049446_23233132.jpg


読むと「ホントかよ!」と突っ込みたくなりますが。。。
経堂さばのゆさんとのご縁を感じずにはいられなかったのであります!!!
冷凍すると味が変わってしまうので輸入が難しいサバヒー。
缶詰が売っていたので幾つか買ってまいりました。
近日経堂さばのゆさんで皆さんと味わえたらと。

f0049446_23275786.jpg


そして、いつの日か経堂さばのゆさんにご縁のある皆さんと
『虱目魚主題館』にご一緒したい、と強く思ったのでした。

f0049446_23361430.jpg

f0049446_233997.jpg

f0049446_23392623.jpg


さて、肝心の地震の影響ですが
地震の影響は?と伺うのもなんだなあ、というくらい
それはそれは皆さん普通に暮らしておられる様子でした。
そもそも、あの地震は線ではなく点である、と言われておりました。
今回の宿『サイカウキンオールドハウス』の蔡さんは
「ノラ猫やノラ犬が増えて困る。今週末はそのセミナーが開かれます」と
おっしゃっていました。
普段の生活を送れているようで安心いたしました。

f0049446_2324770.jpg



美味しい楽しい優しい台南。
皆さんもよろしかったらぜひ。

次はもう少し言葉通じるようにちゃんと勉強しよー。。。
そんでもって次は晴れて野球が観れますように。。。













[PR]
by erioneesan | 2016-09-09 23:33 | Trackback
8月17日
前夜も夜深く。
朝食担当が8時に終わり、宿に戻って仮眠を取り
昼食担当に出掛けるために10時に居間に降りると
「昼はカレーでさほど人手がいらないから来なくていいって」
とポレポレ中植さん。
「そうなんだ…ありがたい…」再び部屋に戻り、眠眠眠…。

12時に起きると、纐纈さんご夫妻が昼便で帰るところでした。
「また!東京で!」「また!」
美味しい野菜をたくさん持って来てくださって、ありがとうございました!

昼食はポレポレコンビ作のさばうどん。美味しい(全食ほぼ人任せ…)。
夕食準備集合時間の15時までどう過ごそうかな。
「神楽観ました?」「あ。観てない。観たいす」
「面白いですよ」「観たいす!観る観る!」

そうだ、そうでした。この祭りのメインはこの神楽でした。
大分は伊美別宮社からいらした
神職の皆さん、里楽師の皆さんが奉納する神楽であります。
で、どんな話をやるんだろか。どんな鳴り物なんだろか。
午後の部は13時から。おお、ちょうどいい時間ではないか。
幸い、神楽を行う仮神殿は宿から程近いので
音が鳴り始めてから行っても十分間に合うのです。ありがたい。

食後のコーヒーを飲み飲みウダウダしていると
始まる合図とおぼしき鳴り物が聴こえてきました。
行こう行こう。

仮神殿には観光客やら島の人やら報道陣やらがワイワイいて。
後ろの方が空いていたのでお邪魔しまして。

f0049446_2314297.jpg


へええ、仮神殿ってこんな作りなんだ…
島の皆で作ったんだ…時間かかっただろうな…すごいな…
ボヤーっと仮神殿を眺めていると、見覚えのある背中が2つ。
「人がいっぱいで乗れなかったの!」
纐纈さんご夫妻、昼便満員で乗れず、次の臨時午後便でお帰りだそうな。
「おかげで神楽観れたし!」そうだそうだ、乗れなくてよかったw

そういえば、鳴り物。どんな人が鳴らしてんだろ。
見ると、70代後半とおぼしき男性が太鼓を
60代とおぼしき男性がチャッパを
40代とおぼしき男性と10代前半男子が笛を、各々担当していました。
「少年…頼もしい…」
幅広い年齢層が集って演奏しているのを観ているだけで胸が熱くなってきます。
素敵な光景です。

何かの舞が終わって、次の舞が『荒神』。
あれ?この文字どっかで…
あ、前日すれ違った氏本農園の氏本さんが
「これ、うちの田んぼで取れた米で作った酒。明日呑めるよ」
って言ってたお酒と同じ名前だ。
で、どこで呑めんだ。聞いときゃよかった。

鬼と神主が組んず解れつの攻防を繰り広げる『荒神』は
「鬼の棒」というカラフルな棒で頭を叩かれるとご利益がある
という、観客参加型神楽。
みんな叩かれに前の方に行きます。
小さい子は鬼に抱かれると縁起がいいのだそうで。
嫌がる子どもを鬼に差し出して大人がキャーキャー楽しんでました。
あー…小さい頃のいろんなことを思い出すなぁ…。

f0049446_232552.jpg


そうこうしているうちに夕食準備の時間が近づいて参りました。
「行こう行こう」中植さんと共に公民館へと向かうのでした。

(つづく)















[PR]
by erioneesan | 2016-09-02 02:32 | Trackback