落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

んー!

毎月あっという間なんですが。
今月は特にテンコ盛りであっという間でした。

死別は重い。重いです。
当然なんですが。堪えます。
これからもっと増えていくんでしょうが。


円蔵師匠も逝かれました。
円蔵師匠のことを振り返るというか
円蔵師匠に思いを馳せる時間がなかった気がしまして。
申し訳ありません。



私にとって円蔵師匠は
『いつもお弁当を差し入れしてくださる師匠』でした。

師匠が寄席の楽屋に入ってこられると
「おい!今日、前座お囃子何人だ!」
と大きな声でおっしゃります。



ダメだ。
なんかしんどいや。
筆が進まない。

いや、ダメだ。
今なんだ。今、書いておかなきゃだ。



前座さんが買ってきたお弁当をいただきます。
「食ったか?うめえか?」
「ありがとうございます!」と申し上げると
「んー!」と返してくださります。

この「んー!」っていうのを聞けるのが嬉しかったです。

それと
この世界に入ってからしばらくは
家賃と光熱費だけでヒーヒーでしたので
本当にありがたかったです。



『声が大きい師匠』でもありました。

ある日、中入りで志ん五師匠が長短をやってらして………
そこへ円蔵師匠が楽屋入りされて………
………………………。
末広亭の障子にガラス戸が付いたのは
その直後だったと記憶しております。



『クシャクシャの師匠』でもありました。

円蔵師匠と一緒の時はお菓子を鞄に入れておくように
と先輩方から言われていました。
実際、お囃子部屋にお菓子が置いてあるのを見つけて
クシャクシャに潰してしまうのを目の当たりにした時
「何だかよくわからないけど、この人は天才なんだろうな」
と思ったのを今でもよく覚えています。

そして
「おはようございます!先日はごちそうさまでした!」と挨拶すると
ジーッと睨むように見つめた後「んー!!!」とおっしゃられて
クシャクシャーッと笑顔になられる、そんなチャーミングな師匠でした。



『お囃子部屋のお囃子の椅子に座る師匠』でもありました。

ある日の鈴本演芸場。
椅子の上に撥を置いて席を立ったことがありまして。
戻ってきたらちょうど師匠がお囃子部屋に向かうところでした。
マズい!!!しかし時既に遅し。
次の瞬間、バキッという音がすると同時に
「ギャッ!!!」という師匠の声。
「なんだ?なんだ?何の音だ?あ、撥か!」
オロオロしていると
「いくらだ!」
「いえ………あの………」
「いくらだって聞いてんだ!こんだけあれば足りるか?」
「す……すみません……」
「なんでオレがお囃子の撥を買わなきゃなんねんだ!」
「す……すみません……ありがとうございます!」
「んー!」


師匠が寄席にいらっしゃらなくなって久しかったですが
やっぱり戻ってきてほしかったです。
寂しいです。
とっても寂しいです。

自然の摂理には逆らえませんが
師匠が寄席の楽屋におられないのは
今もとっても寂しいです。
[PR]
by erioneesan | 2015-10-30 11:57 | Trackback

因果と丈夫なこの身体

もうすぐおはようございます。

今日は徹夜なので
いろいろしながら過ごそうと思っていたのですが
モタモタしてたら、さしていろいろする時間もなく。

いつもモタついているんですが
鈍臭いばかりに今週出来なかったこと、といえば
新・文芸坐での加藤武さん特集へ行くこと、でした。

なので、今、我が家で加藤武さん特集をば。
と言っても、うちにあるのは
市川崑監督の金田一シリーズだけなんですが。

f0049446_444399.jpg



そうそう。
こちらの雑誌を宣伝せねばです。
皆さんご存知『キネマ旬報』でございまして。
こちらになんと。。。
加藤武さんの連載が始まったのです。。。
ギャーッ!!!!!!

えーっと。。。
亡くなる前に3ヶ月分上がっていたそうです。
その名もなんと
因果と丈夫なこの身体
おーい!!!と思わず突っ込まずにはいられないタイトルです。

その編集者の方が7月19日の日本橋亭にいらしており。
後日、加藤さんから私のことを聞いたそうで
それがご縁でわざわざお送りくださいました。
市川さん、ありがとうございます。

11月号、12月号、と、連載は続くそうです。
お茶目な加藤さんの世界をぜひお楽しみくださいませ。

f0049446_4433613.jpg

[PR]
by erioneesan | 2015-10-24 04:45 | Trackback

学友の死

都立豊多摩高校という高校を卒業したんですが。

この高校ではなぜか同窓生のことを『学友』と呼びまして。
高校の端の方にあった食堂も
『豊多摩』の『学友』=『豊友館』(ほうゆうかん)という名がついており。
自分はその呼び方が好きでした。

しばらく『学友』という呼び方を忘れていまして。
久しぶりにSという学友から来たメッセージの文面に記されていました。
おお!『学友』懐かしや!と目を進めると
それは、N君という学友の死を知らせるものでした。


N君は、いわゆる人気者でした。

入学時、トレンディドラマというものが流行っており。
彼は、当時人気の柳葉敏郎さんに似ていました。
女子の間で評判になり
わざわざ彼のいるクラスまで皆で物見見物に行ったくらいでした。
見物人がひっきりなしに来るのに辟易したN君は
休み時間になると机に顔を伏すようになっていたようでした。

男子の間では
サッカーがものすごい上手い奴がいる、との噂が立っていたらしく。

いわゆる、時の人、でした。

当時、我が校は
三年でのクラス替えがありませんでした。
二年と三年の二年間、N君と同じクラスでした。
二年間一緒でしたが、ちゃんと話した記憶はあまりありません。
今思えば、自分は当時かなりすれていたので
爽やかなN君には近寄りがたかったのかもしれません。
確か学力もあって
文武両道を絵に描いたような人だったはずです。
また、声を荒立てたり、不機嫌だったりという
悪い印象が全く残っていません。
自分が知らないだけなのかもしれませんが。
大きな口を大きく開けて笑っている
そんな爽やかな印象しか残っていません。
非の打ち所がない、そんな、自分とは真逆の人だった。


卒業後、N君とは接点がなく、久しぶりの対面が今夜でした。
子供さんがいることも、病魔と闘っていたことも
何も知りませんでした。

彼が亡くなったことはもちろんですが
二年間机を共にした彼のその後を知らなかったことが
今となってはとても残念に思っています。


何だろうな、このぽっかりした感覚は。


とりあえず、次のクラス会には行けたらと思っています。
たいてい週末なんで難しいんですが。

だって、通夜でしか学友に会えないなんて
イヤだ。

そんな気持ちにさせてくれてありがとう、N君。

月並みだけど
絶対いろいろ心残りだろうけど
どうか安らかに眠ってください。


っつか。
心残りなのは自分なんだな。

今、彼と向き合ったら、何を語り合うんだろうか。
まず、子供さんの名前かな。
どうしてその名前にしたの?とかかな。

困った。
結局、全く整理がつかないままだ。
[PR]
by erioneesan | 2015-10-20 03:30 | Trackback

上方三味線強化期間

夜分にどうもー。

いやあ、やっとこ終わりました。
『おしどりとりどりえりすぐり』。
今回は自分なりに、何とか、まあまあ。
次回は1月10日です。近い。。。
よろしかったらぜひ♪


そして次の課題はこちら。

f0049446_247509.jpg


ワタクシメは24日の福島、25日の岩手、31日と1日の新潟
そして11月5日から8日の東京の公演に
参加させていただきます。

f0049446_2481063.jpg



豪華豪華豪華!!!
何が豪華って!!!
三味線が二丁なんですよ!!!
しかも上方の大先輩とですよ!!!

これは本当に本当にありがたいです。

今まで手探りで上方噺のはめものをさせていただいてて。
なんかやっぱよくわかんないんですよ。
尽力しますよ、いつも。
でも、やっぱり、よくわかりません。
音源から吸収できるものって限られてるなあって。
もちろん、音源は音源で非常にありがたいんです。
でも、やっぱり、よくわかりません。

この夏、上方の大先輩んとこに
ちょこっと遊びに伺ったんです。
その時ちょこっと稽古つけていただいて
戻って来て上方の噺家さんの
桂吉坊さんのはめものをさせていただいたら
(いつもありがとうございますm(_ _)m)
なんだかよくわかんないんですが
「初めてすんなりイケた」気がしたんです。
そしたら吉坊さんも
「やっとすんなりイケた感じしましたね」
とおっしゃってくださり。
うわーっっっ!!!って鳥肌が立ちました。
別にその噺の曲を稽古つけていただいたわけじゃないんですが
でもなんか、上方の空気ってのですかね、息ってのですかね。
そういうのをいただけたからなんだ、と思いました。

だから、やっぱり生身から生身じゃないと。

で、今回のツアーですよ!!!
その大先輩と8日間も仕事をご一緒させていただける!!!
こんなにありがたいことはありません。
せっかくの機会を無駄にしないよう頑張ります。

一に勉強、二に勉強。
出来る時にやっとかんとです。
人間いつどうなるかわかりませんですし。

今日も元気であることに感謝して。

あ。
鶴瓶師匠!!!
ありがとうございます!!!
よろしくお願いいたします!!!


f0049446_2502321.jpg

[PR]
by erioneesan | 2015-10-19 02:56 | Trackback
どうもこんばんは。
体育の日に体育の日らしいことは
何一つしていない大人です。

ベルクは何食っても何飲んでも美味いね♪
※ベルクで飲み食いしつつ撮った一枚です。
f0049446_19483293.jpg



そんなわけで。


明日から少しだけ
禁酒禁SNS書き込み生活に入ります。
ホントにほんの少しだけなんですが。
18日までの6日間ですので。
なんで18日までかと言いますと。
18日にネタ下ろしの会があるので。
あ。
終わったら飲むから正確には5日間か。
いや!いんだ!6日間ってことにしとこう!

で。
どんなテーマのネタかと言いますと。
『憲法9条』なんでございまして。
ハハ。ハハハー。ハッハハノハー。

あー。。。もうさー。。。この会さー。。。
この会本当に。。。本当に苦行なんだよね。。。
でもさ。。。やらずにはいられないんだよね。。。

お付き合いいただいてる皆様
本当にありがとうございます。
拙すぎて目をつぶりたくなる時も多いと思います。
それでもお付き合いいただいて
本当にありがとうございます。
次こそは、次こそは、と頑張っております。


そんなわけで。
10月18日18時より。
三越前お江戸日本橋亭にて。
『おしどりとりどりえりすぐり』
テーマ「憲法9条」
ゲスト:林家彦いち
飛び入りゲスト:カズマ・グレン(欧州人ダンザー)
木戸銭:予約2500円 当日2800円

f0049446_19494525.jpg



皆様のご来場を心より!!!
心よりお待ちしております!!!m(_ _)m!!!


マジホント!
来てほしーし!
っつか、いらして!
お願いマジで!!!

[PR]
by erioneesan | 2015-10-12 19:53 | Trackback

10月10日

夜分にどうも。

終電近くで帰って来まして。

ここんとこ何やらバタバタしてまして。

ちなみに今週入ってからは

4日 「はなこカフェ」(歌作るのにバタバタしてた!)
5日 加藤武さん劇団葬→池袋夜席(気持ち切り替えるのにバタバタしてた!)
6日 笛稽古→大間原発訴訟口頭弁論傍聴&報告会→国立演芸場(課題が多くてバタバタしてた!)
7日 ピラティス→ピラティス→昼寝→経堂さばのゆ(寝坊してバタバタしてた!)

あー。バタバタしてましたー。

そんで帰って来たら
部屋がすっかり散らかり放題でして。
さすがに不味いな、と思って整理してたら
フライヤーが出てきました。

f0049446_2461052.jpg


我が心のふるさと、ゴールデン街。
中でも一番お世話になっております
BtoBの10周年記念日でございます。
(吉本東京本社前のファミリーマートの上です)

元々は違うお店でよく飲んでたんですが。
そこが日曜日休みでして。
常連のゆうちゃんに
「どっか日曜日やってるいい店教えてくれ」
とお願いしたら連れてってくれたのがこちらでした。

マスターの正巳さんは翌週に結婚式を控えており
「へえー、寄席で三味線?オレ落語好きなんだよねー。
あ。来週パーティーあるんだけど、なんか弾いてくんない?」

このハードルの低さには
さすがにビックリいたしました。
しかしこのハードルの低さには
なぜか非常に惹かれるものがあり
翌週、仕事帰りに駆けつけ、2曲ほど披露したのでした。
(当の正巳さんはパーティ時ベロベロで覚えていないはずです)

そんなご縁から
今では落語会を開かせていただいており。
ありがとうございます。
今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m

f0049446_2463593.jpg

(9月22日BtoB寄席にて。撮影:なっちゃん)

というわけで。
今週土曜日、10月10日はBtoB10周年!
21時から朝の9時まで飲み放題3000円ナリよ!


ちなみに10月10日は
ペペ桜井先生の80歳のお誕生日であります。
先生!!!傘寿おめでとうございます!!!

f0049446_2473173.jpg

(2年前に開催したペペ祭りのパンフレット。デザイン:とつかりょうこさん)

で。10月10日って
なんで体育の日だったんでしたっけね。。。
[PR]
by erioneesan | 2015-10-08 02:49 | Trackback

お別れ

おはようございます。

昨日、お別れに行ってまいりました。

その時いただいた冊子です。

しばらく持ち歩いていると思いますので
ご覧になりたい方は、一声おかけくださいませ。


『昨日は今日の古 今日は明日の昔』


表紙裏に「遺したい ことば」とありました。
注釈が添えてありましたので書き写します。

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎

ただ人は情あれ 夢の夢の夢の
昨日は今日の古 今日は明日の昔

閑吟集 小歌 114番

せめて、人はただ「情」と「愛」に生きよう。
この世は夢のように儚いもの。
昨日も今日も瞬く間に昔のことに
なってしまうのだから。

❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎❇︎
f0049446_8281846.jpg

[PR]
by erioneesan | 2015-10-06 08:28 | Trackback