落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

告知するのをすっかり忘れておりました・・・

しかも、開演まであと12時間を切っており・・・

映画館での落語会に彩りとして呼んでいただいております!!

ぜひ!ぜひいらしてください!
会社サボってきてください!
学校もサボってきてください!
病院もサボってきてください!

心よりお待ち申し上げます!!!


☆☆☆ 第二回東武柏ステーション寄席 ☆☆☆

12月15日午後12時開演(14時10分終演予定)
会場:柏ステーションシアター シアター1
木戸銭:予約とシニア2000円、当日2500円(全席自由)
[PR]
by erioneesan | 2009-12-15 00:45 | 出演情報 | Trackback

ぼそぼそしゃべる感じでいいですかね。。。

なんかね、そういう感じの話題なんですよ。


いやね、こないだね、ツタヤのサービスで
ツタヤディスカスという、
つまりその、インターネットで予約しとくと、
ポストに入れておいてくれる便利なシステムで、
延滞とかないんですよ。

私はとにかくづぼらでして。
えーっと。。。期限とか苦手なんです。
図書館の本を期限内に返したことがないのが自慢。。。
ではありませんが、事実、返したことがありません。

そういうダメ人間にはとてもありがたいもんでして。


三ヶ月くらい前から始めたんですが。

こないだ「鍵」を借りたんですよ。

神代辰巳監督で見てないのなんだっけなあ・・・と思って。
検索したら、あったんで。

谷崎潤一郎って作家は嫌いではないです。
が、特に好きなわけでもなく。
高校生の時分に「読んどいたほうがいいかな」と思って読んでました。

のちに、読んだことのあった「痴人の愛」の映画化を観ましたが、
小沢昭一さんが「これでもか」というくらい
ナオミに振り回される情けない男がぴったりハマッていまして。
とても素敵なのです。
その話をご本人にお会いした際したかったのですが、
なんとなく・・・なんとなくできませんでした。


それはそうと。
「鍵」であります。

観世栄夫さんが体当たりなアッパレな男前な演技をされているのも素晴らしいのですが、
それ以上に、音楽が非常に気になりました。

私は義太夫を習っておりまして。
「絵本太功記・尼ヶ崎の段」を仕上げているところでして。
今月弾き語りをすることになっておりまして。

だからわかったんですが。

「鍵」の冒頭以下、要所要所で
なぜか「尼ヶ崎」の「奥」(クライマックスシーン)を使ってるんですよ。


本編の筋とは全く相容れない内容なんです。


・・・・・・・・。


自分に納得させないと眠れません。

ですので考えました。

選曲者が誰だかまではチェックしませんでしたが、
きっとその人はその人の感性で、
「尼ヶ崎」のその部分が
オルガニズムに達する、もしくは達した感じがするんだろう、と。


ナンダナンダ?!えりちゃんどうした!!
と思った方は、
ぜひ!ぜひとも!!!
「絵本太功記:尼ヶ崎の段」
のホント終わりのほうを何度も聞いた後で
「鍵」を観てください。

へええ・・・・って思いますよ、きっと。


っつか、誰か私の疑問に答えてほしい。。。。。
答えてくれーーーーー!!!!!!
うぎゃーーーーー・・・・・・・・・

っつか・・・稽古しなくちゃ・・・
[PR]
by erioneesan | 2009-12-07 23:26 | 映画 | Trackback