落語協会お囃子、恩田えりのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

<   2006年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

UWF

昨日から新二つ目さんの昇進興行が始まりました。

二つ目さんになると、羽織を着て高座に上がることができます。
そして、自分の出囃子が選べるのです。

今回の目玉はやはり何と言っても
鈴々舎馬るこさんの「UWFのテーマ」であります。

ご存知ですか?皆さん。UWFですよ。
Universal Wrestling Federation ですよ。
(団体についての詳細は、検索してくださいませ。。。)

落語協会には16人お囃子がいるのですが、
この曲をもともと知ってるのは多分私一人です。
知らない曲を弾くっていうのは、すごく労力がいるんですよ。
古典だと、古典の曲調ってのがあって、なんとなくわかるんですけど、
現代曲はバリエーションがありすぎて、難しいんですな。
これを全員が弾きこなせるか、ちょっと危惧するところです。

他の3人はですね。

柳家小たま改め ろべえさん 外記猿(二上がり合方)
古今亭菊六さん 浅妻船
三遊亭時松さん 千金丹

以上!皆さんお見知りおきのほど、よろしくお願いします。
[PR]
by erioneesan | 2006-05-22 00:36 | 出囃子 | Trackback

奴さんとCCB

先日、友人に「CCB メモリアル DVD BOX」なるものをもらいまして。

私自身はCCBに対する思い入れは全くなく。
共通項といえば、ギターの米川英之さんが高校の先輩にあたるというくらいで。
なんでくれたのかなあ、でも一度は見ないと失礼だよなあと。
4枚組を一晩かけて見てみました。

すると、途中で、何だかお正月の設定になりまして。
5人でコタツに入って歓談してるんです。今年はどういう年にしたいとか何とか。
で、テレビでもつけてかくし芸でもみようか、ってことになってつけると。
かかるんですな、「奴さん」が。
ほんのちょっとなんですけどね。前奏がほんのちょこっと。
で、その後、純邦楽チックにアレンジされた「ロマンチックが止まらない」を、
三味線、琴、太鼓やなんか純邦楽楽器を用いて彼らが演奏する(フリをしている)、
という展開なのです。

もうね、20年前の映像なんですよ。
しかも「奴さん」ほんのちょこっとしか使われてない。
でも嬉しいんですね。何なんでしょうね、こういうのって。
今で言うJ-POPというやつですか。
ああいうものに純邦楽が使われる、
しかも寄席でなじみの曲が使用されるというのは滅多にないですから。
しかし、どうしてこうも嬉しいものなのでしょうね。不思議だなあ。

ついでなんで、歌詞を載っけておきますね。

♪エーエエ 奴さん どちら行く ハア コリャコリャ
 ダンナお迎えに さっても 寒いのに 共揃い
 雪の降る夜も 風の夜も アサテ お供はツライネ
 いつも奴さんは 高ばしょり アリャセ コリャサ それもそうかいナァ ♪ 

その昔、お侍さんのパシリみたいなのが奴さんと呼ばれる身分の人だったらしいんですよ。
今で言う平社員みたいなもんなんですかね。
わがままな上司に振り回されて大変、みたいな。
もっと大変だったろうけど。
よく寄席で踊られる曲なんですよ。年中かかります。
そんなに難しい踊りじゃないんで、今から頑張れば忘年会に使えると思いますよー。

で、なんで奴さんの話してるんだっけ・・・
[PR]
by erioneesan | 2006-05-18 02:11 | 踊り | Trackback

四季の寿

4月29日、三遊亭圓彌師匠があちらに逝かれました。

3月20日の末廣亭での高座が最後でして。
最後の出囃子を弾かせていただきました。

圓彌師匠の出囃子は「四季の寿」です。
長唄の、でして。
この曲って長唄の中でもあんまりメジャーな曲じゃないんですよ、多分。
例えば、あるミュージシャンが10枚アルバム出してて、
今度ベストアルバムを作るとなると、まず入らない、という感じの。
でも、素敵な曲、みたいな。

先輩から伺ったのですが、圓彌師匠は邦楽や踊りに造詣が深く、
並みの知識では師匠の話には付き合えなかったそうです。
ですから、この曲はきっと、師匠自らお選びになったのではないかと。

5月9日、告別式に伺いまして。
「70まで生きると言っていた父ですが、女好きがたたって
69という数字でこの世を去りました」
と、息子さんがイカした弔辞を述べておられました。

参列しながら、「四季の寿を弾くのもアレが最後だったんだなあ」
などと思っていました。

が、つい先日、
「“豊竹屋”をやっている圓彌師匠!」
というお題が紙切りで出まして。
あー。なんかすごくいいな。って。よくわからないんですけど。
とても胸が熱くなりました。

実は一曲通して聴いたことないんです、「四季の寿」。
すみません!師匠!今度ちゃんと聴きますんで。。。
[PR]
by erioneesan | 2006-05-12 01:08 | 出囃子 | Trackback