落語協会お囃子、恩田えりのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:鹿芝居( 2 )

おはようございます。

すがすがしい朝でございます。


早く起きなくては!と思う晩というのは、
たいてい寝つきが悪く、
結局寝付けず、
起きなくてはならない一時間前にふと睡魔が訪れ、
そして最悪の事態・・・・・。

というのが、私の普段でございます。


が!今日はすごいです!

目覚まし時計よりも早く目が覚めてしまいました!!!
わー!なんでだ!不思議だ!!!
さい先のよいスタートだ!!!わーい!!!


というわけで。

今日から二日間
「ボク達の鹿芝居・大工調べ」
でございます。

なかの芸能小劇場です!

ぜひいらしてくださりませ。




☆☆☆ 告知 ☆☆☆

●11月8日(日)18時30分~高円寺ノラや
「ノラやキネマ~映画と三味線の夕べ」
出演:坂本頼光、恩田えり
木戸銭:3000円(フリードリンク)

林長二郎(長谷川一夫)主演の「鳥辺山心中」を
頼光さんの活弁と私の演奏でお楽しみください。

※新作系の上映はありませんので悪しからず・・・。


●11月15日(日)13時~古石場文化センター
「RAKUGOもんすたぁずSpecial」
出演:古今亭朝太、柳家喬之進、柳家右太楼、春風亭朝也
お囃子:恩田えり
木戸銭:500円

みなさん「はめもの」なり「踊り」なり、
何かしらの形でお囃子を活用してくださるそうです。
[PR]
by erioneesan | 2009-11-02 06:12 | 鹿芝居 | Trackback
どうも。ちょっとさぼりすぎてた恩田です。
花粉症ってホントに体力気力共消耗させる困った奴です、と言い訳してみたりして。

先日、鹿芝居「らくだ」に参加してきました。

鹿って言ったって、別に鹿の着ぐるみでやる芝居とかではなく。
「噺家」がやる芝居だから、らしいんですよ、どうやら。
縮めちゃって、当て字をつけた。らしいんですよ。

「らくだ」という落語については、二月の頭に説明したかと。
途中で「かんかんのう」というヘンテコな唄を唄うアレです。

で、それをお芝居にして上演したのが、今回の鹿芝居「らくだ」です。

「かんかんのう」唄いまくりですよ。
実際みんなで動いてお芝居してるでしょ。
稽古するたびにノリが変わるんですよね。
その都度合わせるようにしてたんですが、これが難しい。
そしてさらに、笑いをこらえて唄い続けるのはもっと難しい。
本番は、可笑しいし興奮してるしで、ちゃんと唄えていたかどうかわかりませんし。

で、お芝居ですからね。他のところにもBGMをいろいろ入れるんです。
選曲は、出演者の皆さんからある程度リクエストをいただいて決めました。
こんな感じの曲がいいとか、誰々の曲芸のどこどこで使ってる曲がいいとか。
お芝居ですから、ほとんど歌舞伎下座からお借りしてきました。
「麦ついて小麦ついて」とか「韋駄天」とか「三河嶋合方」とかとか。。。。。

通夜の真似事をしている二人が酒を飲み交わしている場面は
ずーっと弾き続けてるんですが、
短い曲を同じテンポでゆっくり弾くことがこんなに大変なことだとは知りませんでした。

三味線ってのは、右腕はずっと三味線の胴の部分に乗っけてるんですけど、
左腕は弦を押さえるだけで、乗っけて楽な体勢を作るってのは不可能なので、
結構プルプルしてました。鍛えられたかな。

そうそう、この「らくだ」、映画にもなってるんですよ。
喜劇の王様エノケン主演「らくだの馬さん」。
一度だけ浅草で観たことがあるのですが、
どんな曲使ってたんだろうなあ、全然覚えてないなあ。。。

昔、三木のり平さんがお芝居にしたって話を聞いたことがありますが、
そん時はどんな曲入れてたんだろうなあ。。。

ちなみに、エノケン版のらくだ役は中村是好さん、
のり平版のらくだ役は古今亭志ん五師匠。
そして「僕らの鹿芝居」版は三遊亭遊馬さんでした(死体の役も素晴らしかったですが、
回想場面の生きてる役もホントにあらくれ者って感じで素敵でした!)。

志ん五師匠のらくだだけ観たことないんだ。観てみたいなあ。。。。。
って、すっかり客気分じゃないのさ!てへ。

好評につき、再上演が決まりつつあるそうです。
ぜひ足をお運びいただきますよう。楽しいですよ、ホントに!!!
[PR]
by erioneesan | 2006-04-04 02:12 | 鹿芝居 | Trackback