落語協会お囃子、恩田えりのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:社会( 3 )

そういえば法学部でした

施行されました、特定秘密保護法。

行ってきました、官邸前。
スゴかったです、学生の怒りが。
スゴかったです、怒りの渦が。

f0049446_1103688.jpg



関西からバスに揺られて来た学生は
こう訴えてました。
「政治家にいいたいのは
誰見て政治してんのかってことなんすよ!
金持ちばっか見てんなってんですよ!
SASPLが種を蒔いてくれたんで
これを育てんのは全国でなんですよ!
こんなことやりたくないってんですよ!
金かかるんすよ!明日も学校っすよ!」

なんかね、申し訳なかったです。
だって彼ら、貧乏くじ引いただけでしょ。
純粋に勉強したい時期に。
勉強の合間に遊びたい時期に。


「10月25日まで
行動を起こしたことがありませんでした。
まわりに何か言われるのが嫌だったから。
行動を起こしたら、やっぱり言われました。
でも、肩を叩いてくれる人もいた。
それまで何もしていなかった自分を恥じた」
と、涙声でスピーチしてる学生もいて。
感涙したけど。
感涙してる場合じゃないや、って。

のほほんとしてましたよ、私ら学生ん時は。
白球追いかけたりして、のほほんと。
オフシーズンはスキーなんか行ったりして。

そういえば。
法学部だったんだ
自分。


寝てました、憲法の講義。
寝てました、民法の講義。
寝てました、刑法の講義。
何の講義で起きてたんだ、自分。

学問に対する姿勢とは話が別かもだけど。

我々がぼよよんとしていたツケが
彼らに回ってしまった気がしました。
本当に申し訳ない。

「人間は弱い。なら固まったらいい。
30年後を想像しましょう。
来年は太平洋戦争が終わって70年。
さらに30年後は100年です。
みんなで祈念の鐘を鳴らしましょう!」
いいこと言うなぁ学生。

自分が生きてなくても
甥っ子や姪っ子や友人の子らが
その鐘を鳴らしてくれるように
これから頑張ります。

権力は暴走する。
だからこその三権分立なんだ。
閣議決定や強行採決なんか
存在してはならないのに。
本当にごめんなさい。

ちょっと前にTwitterで
昭和10年の雑誌の写真が載ってた。
「今年の流行ファッション」のようなものだった。
それからたった6年で戦争が始まった。

6年前、あなたはどう過ごしていましたか?
私はブラジルに行った。
そして自分の中の度胸が歩き始めた。
あれからもう6年。
あっという間。
あっという間にやってくる。

でも。
そんな6年後がやって来ないように。
何としてもやって来ないように。
諦めません、来なくなるまでは。

だって、こんなバトン
とてもじゃないけど
渡せないすよ。
でしょ???
寛ちゃん!!!
ケンチャン!
カトさん!
カンベ!
オミチャン!
クラ!
オグラ!
イカくん!
ナカバ!
スダさん!
ナガオさん!
アライさん!
ホンマさん!
マキノさん!
ナカザワさん!
ヨネヤマさん!
ツカモトさん!
ジュンチャン!
っつーかコウキ!
生きてる?
っつーかサガワさん!
死んでる場合じゃ
ないですよ!!!



(失念ご容赦m(__)m)
[PR]
by erioneesan | 2014-12-11 01:16 | 社会 | Trackback

ジュゲム

こんばんは。

今年は東北の仕事が多くてですね。
これはチャンス!ということで
前回の栗拾いに続いて
一日居残って行って参りました。

今回は多賀城市の
ダイニングカフェレストラン
『ジュゲム』さんです。

Twitterでこのお店のことを知り
ぜひ行ってみようと思っていました。
もちろん名前が気になったから。
場所は偶然なんですが
昨日泊まったルートインの真裏でした。
トレーラーハウスと書いてあったので
どんな感じか想像できていませんでしたが
行って見ると
案外広いな!という印象でした。
オーナーさんは女川町で
駄菓子屋さんをされていたのだそうです。
その名も『じゅげむ』。
子供さんらが
学芸会で寿限無をやったそうで
それがきっかけで
子供さんらがつけた名前だそうです。
被災後、一念発起して多賀城に移住。
名古屋の会社から
道路移動限界ギリギリの
特大トレーラーハウスを購入し
全く知らない土地で
一から店を始めたのだそうです。
付け足されたテラスには
木洩れ陽が差し込み心地よく
ちょっと寒くなったら
ハウス内にも移動できて
居心地が良かったです。
メニューもたくさん種類があり
目移りしてしまって
なかなか選べませんでした。。。
メニュー制覇できるように
年一くらいで通おうかなと
勝手に思っております。
皆さんも
多賀城の近くへいらした際には
『ジュゲム』さんへぜひ♪

http://www5a.biglobe.ne.jp/~tkonno/jugemu.html

※8のつく日はお休みです。

f0049446_2023224.jpg

[PR]
by erioneesan | 2014-11-19 20:03 | 社会 | Trackback

栗拾い

こんばんは。

栗拾いをしました。
人生初体験。

f0049446_0111872.jpg


奥本さんの拾い方を見様見真似て。
小さい穴が空いているのが多くて
虫食いばっかだなあ。。。と思いながら
ノロノロ拾ってたら
奥本さんがポケットいっぱいに拾ってらして
「お土産に」とくださいました。

f0049446_0114423.jpg


f0049446_01009.jpg



どこで拾ったかと言いますと。
「クリ公園」です。
青森県むつ市大間町小奥戸。
電源開発(通称、大間原発)の真横です。
大間原発建設に反対する地主の会の方々が
所有する土地の一つです。

f0049446_0124854.jpg


どうして私がこの公園にいたかと言いますと。
「奥本さんと知り合ったから」です。
奥本さんは大間原発建設反対運動の
中心的人物です。
朝から大間町の様々な場所に
初対面の私を案内してくださいました。

f0049446_0125649.jpg


なぜ奥本さんが初対面の私を案内することになったかと言いますと。
「巡り合わせ」とでも言いましょうか。

15日の夜、「原発をつくらせない人びと」の著者、山秋真さんと
仕事の打ち合わせを電話ですることになっておりました。
夜なら電話出来ますよ、と伝えてありました。

15日の夕刻、七戸十和田での仕事が終わり
単身、むつ市の下北駅へ向かいました。
むつ市は川島雄三監督の故郷です。
市立図書館には記念室が常設されています。
本当は
大間町小奥戸にある
「あさこはうす」を訪問したかったのですが
住人の小笠原厚子さんが不在であることがわかり
大間町まで行ってマグロ食べたら
むつへ戻って図書館へ行って
それから東京へ戻ろうと考えていました。

夕飯を済ませ部屋に戻ると
ちょうど電話が鳴りました。
「どうもどうも!今どちらですか?」
「下北駅斜め前のホテルです」
「大間に行かれるんですよね?」
「はい。でも厚子さんが不在なんで
マグロ食べたらさっさと帰ります」
「え?そんなせっかくなんですから」
と奥本さんを紹介してくださったのです。

後で知ったのですが
奥本さんが16日用事がなかったのは
17日の函館での裁判準備のために
時間を取っていたからだったそうです。

準備を差し置いて
「大間原発がよく見える丘」や
「大間原発がよく見える丘その2」や
「クリ公園」や
「大間マグロ丼が美味しい保養センター」や
「大間崎」に
連れてってくださりありがとうございました!
貴重な時間を本当にすみません!



大間のいろんな話を伺いました。
原発のことだけでなく。
昆布とか
風とか
温泉とか
牧場とか。とかとか。
そしてそれら全てが
原発に関わってくるという。

それはまたおいおい
上げて行きたいと思います。

で。
栗って
どうやって調理するんですかね。。。


【追記】
奥本さんが取り組んでおられる
大間原発訴訟の原告会員募集要項です。
私も送ります。
ぜひご覧くださいませ♪

http://www.oomagenpatsu-soshounokai.org/index.html
[PR]
by erioneesan | 2014-10-17 00:18 | 社会 | Trackback