落語協会お囃子、オンダエリのブログです。寄席囃子の話とかとか。


by erioneesan
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:寄席囃子( 8 )

3月のスケジュール

どうもです。

今年はどんな感じで過ごすのかなあと
台南のホテルの一室でゴロゴロしながら
自分の手帳をパラパラ見ながら確認中であります。

もちろん寄席メインです。はい。
皆さん寄席へぜひ足をお運びくださいませ。

そして3月は
上席(1-10日)浅草演芸ホール 昼席(主任 金馬師匠)
中席(11-20日)鈴本演芸場 昼席(主任 志ん弥師匠)
下席(21-30日)池袋演芸場 夜席(日替わり特選会)
以上の寄席をそれぞれ担当させていただきます。

落語会は
6 笑福亭鉄瓶桂佐ん吉ふたり会(お江戸日本橋亭)
7,8 渋谷に福来たるスペシャル(渋谷さくらホール、伝承ホール)
11 三三一之輔ふたり会(岐阜 バロー文化ホール)
14 立川談笑月例会(国立演芸場)
15 立川ぜん馬 春の独演会(お江戸日本橋亭)
17 春風亭一之輔独演会(国立演芸場)
21 円朝に挑む(国立演芸場)
31 柳家喬太郎独演会(池袋演芸場)
31 古今亭菊千代手話落語会(池袋演芸場)
以上の会にて勤めさせていただきます。

ライフワーク系は
まず1日夜
はなこカフェやります。
ゲストはなんと!!!
ダメじゃん小出さんです。
なんででしょ。お楽しみに。
f0049446_11465277.jpg


19日昼
大間原発建設反対訴訟の口頭弁論の傍聴に
東京地裁へ行きます。
抽選会当たるかなあ。。。

そして28日昼
国立(くにたち)のカフェにおじゃまします。
詳細は後日アップいたします。

そしてそして29日昼さがり
ノラ茶話会であります。
皆さんに楽しんでいただけるよう
いろいろこねこねします。
f0049446_11514356.jpg



もろもろよろしかったらどうぞー♪





✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

9月6日は落語協会のお祭り、謝楽祭です。

✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎✴︎

[PR]
by erioneesan | 2015-02-20 12:05 | 寄席囃子 | Trackback

チャンピオンベルト

こんばんは。

訳あって今夜の用事を
昨朝日程変更いたしました。
その2時間後に舞い込んできたのが
今夜の仕事でございました。
その現場に二ツ目に昇進したばかりの
瀧川鯉津(コイツ)さんが現れました。
二ツ目昇進時は皆さん手ぬぐいを配ります。
私もいただきました。
すると
「お姉さん開いて見てください」
手ぬぐいの柄をわざわざ見てくれと
催促する噺家さんはそうはいません。
んんんんんん!!!!!
これはもしやもしやあちら関係柄では!

キャーーーーーーーッ!!!!!

f0049446_22543766.jpg



なんて素敵な柄なんでしょう!!!!!
なんて素敵なセンスなんでしょう!!!!!

おめでとうございます。
そしてありがとうございます。
こんな素敵な柄の手ぬぐいを。
大興奮です。
明朝、文三師匠に自慢します。

そして急に仕事をくださった生志師匠!
ご縁をいただきありがとうございます!

そしてそして。
プロレスありがとう!!!!!
そこか?そうだ!そこもだ!

演芸って、ライブって
なんて素晴らしいんだろう。


そして。
今日もいい一日でした。

そうだ。
飯能で福団治師匠とご一緒させていただいたんだ。
つぶらな瞳が素敵でとってもお茶目な師匠なんだ♪

そうだ。
高校生向けの学校寄席なのに
正楽師匠ん時に
「センザブロウシャチュウ!」ってリクエストがあって
それが仙三郎師匠のお弟子さんの仙成さんの弟さんだったんだ。
正楽師匠が仙三郎師匠の説明するのやけに照れてらしたんだ♪

そうだ。
国立演芸場行ったら
楽屋番の川上さんに逢えたんだ。
川上さんいつもコーヒー淹れてくれるんだ♪

そうだ。
楽屋食堂にご飯食べに行ったら
チャンムーさんとリョウジくんにも逢えた。
一緒にご飯食べたんだ♪

そうだ。
ゲストの文珍師匠にキンカンいただいたんだ。
みずみずしくて美味しかったんだ♪

そうだ。
スタッフの皆さんに
良いお年をって言えたんだ♪


うううううう。
幸せなんだ。

平和よありがとう。
この平和が未来永劫続きますように。

日はまた昇る。
っつか、日の出前に起きないといけないから
寝ます。

おやすみなさい。


あ。
生志師匠!
ハッピーバースデー♪



f0049446_2255787.jpg


※この人が瀧川鯉津(コイツ)さんです。
[PR]
by erioneesan | 2014-12-16 23:14 | 寄席囃子 | Trackback

円眼鏡。楕円眼鏡。

こんばんわ。

先日ちょっと時間があったので
「白山眼鏡店」へ冷やかしに行きまして。

自分がかけてんのに似てんのあるかなあ
なんてウロウロしているうちに思い出しまして。
「そういえば昔ここで作ったな。
でも度が弱くて疲れるから、使うのやめちゃったんだ」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

震災前は【フチなし楕円眼鏡】を使ってました。
大阪天満駅前の「中村眼鏡店」で作ったものでした。
ある日それを自宅に忘れまして。
急いで上野広小路の「メガネスーパー」に駆け込みました。

それが今の【フチあり楕円眼鏡】です。
震災後はフチなしは怖いなと思って
その臨時で作ったのを常用しておりまして。

で、さらにある日それを大阪の友人宅に忘れまして。
以前の【フチなし楕円眼鏡】を探してかけたら
なぜか度が合わない。
仕方ないので「白山眼鏡店」へ駆け込みまして。
同じ形はつまらんな
と、まんまるの【円眼鏡】を選びまして。
ちゃんと作ってくれたんですが
【フチあり楕円眼鏡】の度が強かったせいで
弱く感じてしまいまして。
大阪友人宅から【フチあり楕円眼鏡】を回収したら
「白山眼鏡店」の【円眼鏡】は
箪笥の肥やしになりましたとさ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

で、その【円眼鏡】のことを思い出しまして。
「以前ここで眼鏡を作っていただいたんですが
度が合わなくて使うのやめてしまいまして。
レンズだけ変えるにはおいくらかかりますか?」
と店員さんに伺ったところ
「恩田様、ですよね? 少々お待ちください」

以前、応対してくれたのは彼ではありませんでした。
「白山眼鏡店」はどういう方法で
顧客を把握しているのでしょうか。
不思議です、というか、不可解です。

それはともかく。
「白山眼鏡店」で作ったのは一年半前だった
ということが判明しまして。
「あー。。。そうですか。。。
でももう強いのに慣れてしまっているので
強いレンズに変えてください。
今度持ってきますんで」
と言い残しお店を出ました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

処変わり、青森県は弘前市。

今週は東北公演でした。

二日目。
平内での学校公演が終わり
一行は弘前市のホテルへと向かいました。
荷物を各部屋へ置いた後、ロビーに集合
正楽師匠のお声かけで
タクシーで20分ほど離れた
ステーキハウスへと向かいました。

普段、お店に入ったりする時は
暗黙の了解で偉い人順に入ります。
ところがその時に限って
「えりさんからどうぞ」
と正楽師匠は執拗におっしゃります。

仕方がないので恐縮しつつドアを開けつつ
店内を見回すと。

息を飲む、というのは
ああいうことを言うのだ
と後で思いました。
息を飲みつつ悲鳴を上げる、というのは
ああいうことを言うのだ
と後で思いました。

なぜなら!!!
そこでそうしているはずのない!!!
噺家さんがいたのですから!!!

その噺家さんは!!!
カウンター厨房の中で!!!
コックの格好をして!!!
とても忙しく働いていたのですから!!!

柳家小三太師匠が!!!
とてもキビキビした小三太師匠が!!!
コックの格好で!!!
とても忙しく働いていたのですから!!!

息を飲みつつ悲鳴を上げてしまいました。

そして思い出しました。
小三太師匠が双子だということを。

その後ずっと見ていました。
お兄さんが働く姿をずっと見ていました。
というか、目が離せなくなっていました。

声も姿勢も同じでした。
でも何かが違う。

そうです。眼鏡です。

・・・・・・・・・・・・・・・・

「白山眼鏡店」の【円眼鏡】は
周囲の人々から非常に不評でした。
「なぜそこまでしなくちゃならないんだ!」
と言って来る人もいました。

そんな中、たった一人だけ
褒めてくれた人がいました。

小三太師匠でした。

黒門亭でご一緒した時
師匠が私の顔に釘付けになっていました。
しばらく無言で見つめられた後
「いいね。眼鏡。円いね。いいね」
「あ。。。ありがとうございます」
「いいね。まんまるだね。楕円の人、多いけど」
「あ。。。ありがとうございます」
「いいね。円いね。いいね。いい眼鏡だね」

師匠の眼鏡は円眼鏡でした。

師匠に話しかけていただいたのは
それが初めてでした。
そして今のところ、その時だけです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お兄さんの眼鏡は楕円でした。

ちょっとしたハプニングがあり
翌日の夕方、もう一度お兄さんの店へ
皆で行きました。
コーヒーをご馳走になり
帰り際、お店の名前「シド亭」の由来を
お伺いしようと話しかけてみました。

お兄さんは私の顔をじっと見つめながら
名前の由来を教えてくださいました。
「師匠の名前。シドフジオって言うの」
「シド、フジオ、ですか」
「そう。昭和天皇と同じくらいの年」
「1901年ですか」
「そう。調べてみて。シドフジオ」

楕円眼鏡の奥にあるお兄さんの瞳は
私の【フチあり楕円眼鏡】を見つめていたような気がしました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

明日「白山眼鏡店」で
【円眼鏡】のレンズを変えてもらい
しばらく使っていたら
また小三太師匠が目の前に現れて
「いいね。円いね。いい眼鏡だね」
と褒めてくれるかもしれないな
などと思いながら、帰路に着きました。

正楽師匠、ありがとうございます。
影向舎さん、ありがとうございます。

いろんなご縁に感謝しつつ。

明日の荷物に【円眼鏡】を入れたら
お土産に持たせていただいた
「シド亭 冷酒 小三太」をいただきます。

お兄さんご夫妻、ありがとうございます。
また、必ずまた伺わせていただきます。


f0049446_22202412.jpg

[PR]
by erioneesan | 2014-11-28 22:22 | 寄席囃子 | Trackback

79歳のお誕生日

10月10日はぺぺ桜井先生のお誕生日です。

先生の79歳のお誕生日は
鈴本演芸場昼席から
新宿末広亭昼席へ行って
また鈴本演芸場夜席に戻る
という一日でした。

私は鈴本昼席に入っていたので
木戸にいたMさんに
「先生がいらしたらおめでとうございますって言ってね」
「え?先生なんかいいことあったの?」
「お誕生日!」
「いくつ?」
「79!」
「へええ。。。すげえなあ。。。」

そうなんです。
先生はすごい人なんです。

毎日のように
片手にギター
片手に衣装を持ち
寄席を掛け持ちするのです。

すると
この会話を聞いていたAさんが
なんとなんと!
知らぬ間に粋な計らいをしてくださったのです!

鈴本席亭に話を通し
お囃子のお姉さんらに話を通し
夜席の先生の出囃子を
「ハッピーバースデー」にしてくださったのです。

先生は出待ち途中でお気づきになり
「しょーがねえなあ!」
「しょーもない!ったく!」
「出にくい」
とおっしゃりながら
上がって行かれました。

私はその頃
彩の国さいたま芸術劇場で
仕事をしていたので
現場にはおりませんでした。

なぜ細かく知っているのかというと
Aさんが動画を撮って
送ってくださったからです。
Aさん本当にありがとうございます!
今度プロレス観戦招待させていただきます!!!

先生は照れながら
高座に上がって行かれる直前
「わーいww」とおっしゃってました。
ウフフ。ウフフフ。

こんな素敵なことって
寄席だからなんだよなあ。。。
大好きだあ。。。

そして先生は
寄席の宝なんだあ。。。

長生きしてくんなきゃ
お尻ペンペンです♪




f0049446_21123579.jpg

[PR]
by erioneesan | 2014-10-11 21:22 | 寄席囃子 | Trackback
今日は珍しく残業なるものがありまして。
映画の撮影に23時までお付き合いください
とのことだったので
新宿夜席トリの歌之介師匠が上がられてから
アルタ裏の沖縄そば屋「やんばる」に
夕飯を食べに行きまして。
目下減量中ですので炭水化物は抜きまして
豆腐チャンプル単品と
アーサーそばのそば抜き出来ますか?
とお店の人に伺ったら
出来ます!とお応えあり
アーサー汁を作っていただきまして。
アーサーてんこ盛りのアーサー汁でした。
嬉しくなったので
コンビニで前座さんに差し入れを買いました。

末広亭に戻ると映画撮影隊が準備してまして。
どうせ時間がかかるだろう、と
持って来た読めてない新聞10日分を読み始めまして。
しかし、2日目に差し掛かった辺りで助監督さんから
「そろそろ。。。」のお声があり。
仙三郎社中の土瓶の芸にお囃子を入れまして。
二回やって、「はい!ありがとうございました!」
早い!早い!予定より大幅に早く残業終了!!!ヤッター!!!
前座さんのゆう京さんにニヤニヤしながら
「お先にー」と挨拶して楽屋を出たら
なんとまだ22時!!!早い!!!早い早い!!!
嬉しくなったので
家まで歩くことにしました。

そしてこの写真です。

f0049446_23391497.jpg



暗がりにいきなり大きな手が現れたので
かなり驚き、また、警戒しました。
新宿髙島屋は何やら怪しげな新興宗教に身を売ったんだろうか。。。

よく見ると
奈良の大仏さん、と書いてありました。
宗教は宗教でも馴染みのある仏教でした。
嬉しくなったので
手の上に乗りたかったんですが
警備の人がずっと近くにいたので乗れませんでした。

そんなわけでこの大仏さんの手は
25日くらいまでは置いてあるって
書いてあったような気がします。
よろしかったら末広亭帰りに
立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

あ。そうそう。
ちなみに今日の撮影は
『の、ようなもの、の、ようなもの』だそうでして。
来年公開予定だそうですよー。
[PR]
by erioneesan | 2014-09-15 23:39 | 寄席囃子 | Trackback

5月5日6日は何の日?

答えはですね。。。。。

五月猫の日!!!
(今年の日程です)

なんですよ♪ ウッフン♪


明日5日は夢吉、こみち古典チーム

あさって6日は志の春、三四郎、粋歌の新作チーム

という組み合わせであります!!!

ぜひ!ぜひぜひ!お越しくださいませー!!!


f0049446_22373236.jpg

[PR]
by erioneesan | 2014-05-04 22:37 | 寄席囃子 | Trackback

モテるまじない

どうもどうも。

昨日は昼間、国立演芸場で仕事でして。
立川談笑師匠の独演会のお仕事でした。
(いつもありがとうございます!!!)

そして、終演後にFacebookを覗いたら
ごく近しい噺家さんが
国立劇場にいるよーうう、みたいなことを
書き込んでらしてました。
あ。そういえば以前お会いした時に
その日は踊りの会があるなあ。。。とおっしゃってたなあ、と。

メールをしてみたら
大劇場と小劇場を行ったり来たりしているよ!と。

ん???小劇場???

下足番のKさんに
「今日大劇場は踊りですよね。小劇場って何やってます?」
「今日はね。。。大劇場は花柳ね。小劇場は。。。文珍師匠」

えっ!!!!!!!

ということは、あの大先輩がお囃子だ。。。
挨拶に行かねばイカン!!!

そろりそろり小劇場の楽屋に向かいまして。
そろりそろり様子を伺いながら
そろりそろり壁伝いに近寄りましたら
廊下に立っていたマネージャーさんらしき方に
すぐ見つかってしまいました(当たり前か)。

「あのー。。。英華師匠は。。。」
「あー、英華師匠、お客様ですー」
「あ、お取り込み中ではないで。。。あ。。。すみません。。。」
「はいー、どなたー?あらーっ!!!えりちゃん!!!」
「すみません、あっちで仕事だったもので。。。」
「入り入りー!!!よう来てくれたなあ」
「すみません、突然お邪魔しまして。。。」

というわけで、快くお迎えくださり。
帰り際には素敵なお土産もくださいました。

「はい、これ付けてるとモテるから」
「モテる、ですか。。。」
「そう、モテんの」
「ありがとうございます!!!」


ところ変わって日本橋。
夜の会の打ち上げではモテモテで
帰りには「一緒に写真を。。。」と
お声かけいただきました。

全員女性でした。

英華師匠!!!
モテましたよ!!!
女性でも嬉しい!!!
わーいわーい♪♪♪


※夜の会に呼んでくださった
笑福亭鉄瓶さん桂佐ん吉さん
ありがとうございますm(__)m
11月29日もよろしくお願いいたします!

f0049446_15453749.jpg

[PR]
by erioneesan | 2014-04-30 15:49 | 寄席囃子 | Trackback
国立劇場寄席囃子コースが

来年から始まりますよー!!!

募集は1月31日まで!

研修は4月からですよー!


寄席好き
おいでおいでー!!!


http://www.ntj.jac.go.jp/assets/files/training/pdf/boshu-yosebayashi.pdf
[PR]
by erioneesan | 2013-10-10 00:48 | 寄席囃子 | Trackback